和歌山いのちの電話 電話相談員養成講座

2017年度の募集は終了いたしました。

電話相談員として社会貢献活動に参加していただけませんか

 

1ヶ月に4時間~6時間程度、電話相談員として活動をお願いします

 

和歌山いのちの電話協会にてボランティア電話相談員として社会貢献活動に取り組んでいただける方を募集します。相談員になるには規定の養成講座と実習研修が必要ですが、丁寧に指導をいたしますので、安心して取り組んでいただけます。また、相談員を目指す方以外でも「カウンセリングを学んでみたい」「仕事に活かしてみたい」「心理学に興味がある」などの方からの参加申込みも受けつけております。

週間新潮記事1.pdf
PDFファイル 4.3 MB
週間新潮記事2.pdf
PDFファイル 4.0 MB
週間新潮記事3.pdf
PDFファイル 6.3 MB

 

 33期 電話相談員養成講座 募集要項

定員

30(開催人数8名に達しない時は開催しない場合もあります)

研修期間

前期 平成295月13日~平成299月2日(講義・グループ研修)
後期 平成2910月~12月(ケース研究・一泊研修)

○研修 平成30年1月~3月
※原則 隔週土曜日1330分~1630分まで(変更の場合もあり)

※会場は申込者に直接お伝えします。

研修費用

申込金3,000円 前期20,000円 後期5,000

(上記以外に後期に一泊研修代14,000円が必要になります。)

受講資格

性別・学歴は問いません。年齢は原則23歳以上70歳以下の方。

※後期受講に関しては前期養成講座終了後、認定委員会が実施する判定面接を

受けていただき、結果によっては、受講をお断りする場合がございます。

相談員認定

養成講座終了後は準相談員になり、一年間の電話相談実務を経験していただきます。その間に認定審査を受け、合格者は相談員として正式認定されます。認定後は、定期的にスーパービジョンや全体研修により、相談員としてのスキルアップを図っていただきます。(認定後の研修費用負担はほとんどありません。)

申込方法

 

 ①申込用紙に必要事項を記入し、下記住所に郵送して下さい。

申込用紙は事務局へ請求するか、下記からダウンロードしてご利用下さい。

 

②下記口座に3,000(申込金)をお振込ください。

・郵便振込番号00940-9-106933 和歌山いのちの電話協会

・紀陽銀行本店 普通732389 社会福祉法人和歌山いのちの電話協会

 

③申込書到着ならびに入金確認後、講座受講票を郵送いたします。

 

④受講日までに前期受講料20,000円をお振込み下さい。

 (1回目講義に持参可)

 

 

申込先

 

 社会福祉法人和歌山いのちの電話協会事務局 

640-8145 和歌山市吹上5-2-15 

TEL073-425-3261 (月、水、金 午前10時~午後3時)

FAX073-425-3267 

メールw-inochi@agate.plala.or.jp

ホームページからの申込用紙請求 請求はこちら

ホームページからの申込手続き  申込手続きはこちら

 

お申込みいただいた個人情報は、受講生の事務手続きに使用し、

それ以外の目的には使用しません。応募に関する情報は一切開示しません。

 

応募締切

平成295月10日

その他

 

 

◆電話相談員に認定後

1ヶ月に2 ~3時間の相談枠を2 ~3回担当していただきます。それに加え、電話相談員としてのスキル向上のために、月に1度程度の研修に参加していただきます。

 

◆ボランティア電話相談員

いのちの電話は設立以来ボランティアを基本として運営されています。そのため、電話相談に関わる報酬、交通費の支給などはございません。

 

◆守秘義務

電話相談の内容は秘密厳守ですので、守秘義務に関する誓約書を提出していただきます。

 

FAXで申し込みの方は下記の申し込み用紙をダウンロードしてご使用ください。

33期 電話相談員養成講座申込書.docx
Microsoft Word 16.0 KB

いのちの電話 紹介ビデオ

<新着情報>